幼なじみと練習えっち

穂香の隣の家に住む幼なじみ(男)が家に彼女を連れ込んだ!?
穂香の部屋からは窓ごしに幼馴染の部屋が見えるのですが、穂香が見つけたときは既にエッチをしようとする直前。
(あいつが・・・)
なんて思ってたら、その日はうまくエッチできずに終わってしまった模様(初めてだから緊張したのでしょう)。

ところが次の日、あろうことか幼なじみは彼女とエッチしたいから穂香に練習台になってくれと言い出すのです。
処女の穂香にエッチの練習させろなんてアホな申し出もいいところなのですが、強引な幼馴染は無理矢理穂香を押し倒します。

幼なじみは彼女とはうまくできなかったみたいなのですが、穂香には難なくぶち込んできます。
そんな幼なじみに軽くむかつきながらも強く抵抗できない穂香。
実は穂香も幼馴染に気が合ったのではと思ってしまう場面もあります。
それだけに、エッチの練習台にされているという状況は面白くないのでしょう。

ところが初めてだった穂香も何度も練習されるうちにだんだん気持ちよくなってきてしまいます。
あくまで”練習台”として始まった関係ですが、意外な方向に進みそうな予感もします。