鳩こんろの「女の子が落ちた先は」

女の子が落ちた先は(鳩こんろ)は女の子が落ちてくることによって巻き起こされる一連の事件を描いた漫画です。
舞台は都内のある下町。
華やかな都会にあって昭和な雰囲気を残した小さなアパートが舞台です。

主人公である相川は何の変哲もない普通の若者。
給料が上がらないので毎日必死に働いています。
ちょっと金欠気味だけど、どこにでもいそうな若者である相川のもとに異変が起こったのは突然でした。
ある日、突然女の子が落ちてきたのです。

女の子が落ちてきた先は、相川の部屋。
どこかの天空の城のように不思議な感じは一切なく(笑)、物理的に天井を突き破って落ちてくるのです。
ある意味衝撃的すぎる登場です。

ネタバレしてしまいますが、相川の住むアパートはかなり古く、ボロボロです。
メンテナンスもそれほど徹底していない為か、床が腐食していたりします。
こういうものは壊れる直前までは普通に使えていたりするので外見からだけでは判らないのです。
そして、相川の上の階に住んでいる女の子、丹生さんがその腐食した部分を通ったそのとき、床が限界値を超えて壊れてしまったのです。

床に突然穴が開いたら誰でも落ちてしまいますよね。
丹生さんは何とか床にしがみついたので、真っ逆さまに落ちるのだけは避けられたのですが。
それでも下の階に住んでいる相川からしてみれば、突然女の子が落ちてきたことに変わりはありません。

丹生さんは何とか床にしがみついていますが、這い上がるだけの腕力はない模様。
下の階に誰かいると気付いたので「押し上げてください!」とお願いしてきます。

相川としても、いきなり女の子に落ちてこられても迷惑なだけなので、押し上げてあげようとするのですが、これがうまくいかない。
丹生さんはバランスをとるために体を揺らすので、うまく押し上げられないのです。
こうしてバタバタしているうちに完全に落ちてしまう丹生さん。
「女の子が落ちた先は(2話)」のタイトル通りのことが起きてしまいます。

実はこの時点で相川と丹生さんはほぼ初対面。
この女の子が落ちてきた事件が起こる直前に丹生さんの部屋の前で少し話したくらいです。
それまでは相川も丹生さんもお互い誰が住んでいるの把握していなかったのです。

特に丹生さんについては相川だけではなく、読んでいる人にとっても意外です。
相川の住んでいるアパートはザ・昭和な建物。
しかもかなりボロくて、お世辞にも若い女の子が好んで住むような場所ではないのです。
このことは相川自身の「こんなとこに住んでいるやつなんでロクなやつじゃない」という言葉からも判ります。

ところが相川の上の階の住人である丹生さんは若くて美人、しかも性格も良いのです。
普通に働いていたらこんなボロアパートに住まなくても生活できますし、丹生さんならどこでも働けそうです。
にもかかわらず、丹生さんがボロいアパートに住んでいるのは理由があります。

実は丹生さんは女優志望なのです。
ところが経験不足で舞台に立てないので日々練習をしているのですが、練習をすると仕事もできない。
なので安いアパートに住んで家賃を節約しているのです。
女の子が落ちたときも、部屋で練習中だったのです。
ところが、アパートがボロすぎて部屋が壊れてしまい、女の子が落ちた先は相川の部屋だったという事件に繋がります。

この女の子が落ちてきた事件でよかったことと言えば、昼間だったことです。
夜だったらボロアパートということもあって完全にホラーですからね・・・

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

舞台はボロアパート。
実はこの「ボロ」というのが物語の重要なキーワードです。
いつから建っているのかすら定かではない、ボロアパートなのですが、一応ちゃんと需要はあります。
生活費すら稼ぐのに苦労している高卒フリーターや、女優志願の女の子などお金に困っている人が集まってくるのです。

このアパートは管理人さんがしっかりしているためか、ボロい以外はほとんど問題もなく、一応生活ができていたのですが・・・
ある日主人公の部屋の天井が抜けて女の子が落ちてきたのです。
女の子が落ちてきたなんて某アニメのようですが、この漫画では天井を突き破ってというオマケ付きです。
突然天井から降ってきたので、対応する暇なんてあるわけありません。

しかも、女の子が落ちた先は、主人公の息子の先っぽだったりするのです。
あまりに偶然が重なりまくった結果ですが、事実は小説より奇なりという通り、そのままずっぽり挿入ってしまうのです。
ほとんど一瞬の事なので、落ちてきた女の子は抵抗する間もなく、一方の主人公も避けたりすることができず、完全に不可抗力だったのですが、結果としては生挿入。

女の子からしてみれば、落ちてしまった挙句に挿入されてしまうという踏んだり蹴ったりの状況です。
主人公からしたら完全にラッキーですが。。。

その晩はそのまま本番までやってしまったのですが、一難去ってまた一難。
次は大家さんに壊れた天井(女の子からすれば床)と、その晩の「声」の説明をしなくてはいけなくなりました。
何しろボロアパートで大家さんも住んでいるのでほぼ完全に聞かれてしまったようです。
しかも大家さんは若くて美人ときているので、余計に説明に困る主人公。
しかし、ここで意外な方向に話が進展します。
女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。という奇跡のようなことが起きた後は、またもや奇跡のようなことが起きたのです。

もしかするとこのボロアパートは主人公に幸運をもたらす建物かもと思ってしまうほどすべてがうまく行きます。
これまでの苦労を報いてくれるかのようなこのボロアパート。
主人公はもっと大切にするべきですね。